ウサギ年。身ぐるみ剥がされ。イナバの白兎物置。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



アクセスカウンター



プロフィール

☆(・∀・)★

Author:☆(・∀・)★
復活!?ブログの特攻隊長。
特攻(・∀・)隊長で帰ってきたぜ。。。
また攻めまくるんでぇー
夜露死苦ぅ!(絶滅危惧種)



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おしておけ。 一度とイワズ。 何度でも。



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧



最新コメント



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



world time



最新トラックバック



検索フォーム



News



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



music



RSSリンクの表示



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


菅と小沢。

民主党の代表選挙をやっている。

ちゃんちゃらオカシイ茶番でしかない。


選挙が終わって結果うんぬんどちらも
選挙が終わればノーサイドっていうような
選挙戦ではない。

泥仕合の罵り合いでしかないではないか。


片や政治資金問題で幹事長職をつい数ヶ月前に辞めて
まだ説明責任や問題の根本解決になってもいないダーティーな小沢。

片や政治的なリーダーシップや政策も
経済観念も一切ないのが露呈してしまい
イラっとしたらーすぐキレて威圧。
やばくなればーすぐ逃げる。
ホントは知恵も知識もないもんだからー
官僚エリートだけにはすぐ歯向かいー
実際に財務相時代など大臣時代などに
無知さを露呈しまくってる菅。

イメージでクリーンを謳おうとムリにしてる菅でもある。


このどっちか??しか選べない
今の民主党や日本って終わってるなぁぁ。。。って
想わないかい??

みんな勉強してきたハズの歴史からいい例えを。


江戸時代中期に江戸幕府の老中に
田沼意次という人物がいた。

貨幣経済の発展や蝦夷地の開発に寄与した反面
賄賂政治が横行などダーティーさもあり失脚。

その後
寛政の改革で有名な松平定信という老中がでてきて
クリーンな政治を目指しいろんな政策を打ったが
庶民などからは批判も耐えなかったというコトだ。


田沼意次が小沢なら。
松平定信もどきが菅ってところだろう。


松平定信に合わせたら失礼ってものだ。


今本質で必要なのは
寛政の改革と同様な倹約の財政建て直しと
国策で日本の将来を見据えた政策ではないのか??


ホントに必要ならば
菅直人はー真っ正直に松平定信を目指すべきで
政争してる場合ではない。

まあーそれだけの素養があるとは
まったく思えないのでムリだとは想うが。


そして田沼意次だってすべて悪いワケではない。

日本の文化の発展や商業発展などには
多大な寄与はした人物であるのは間違いない。

だから江戸時代の人間は風刺で

『 白河の清きに魚のすみかねて もとの濁りの田沼こひしき 』という句すら
あるワケだ。

あまりにクリーンクリーン言い過ぎて
自由さを失ってもよくないって話。


なんだ民主は国民主体のー政治って言ってたのに
フタをあけたらー政策はないし。無策。
マニフェストどおりの政策できねーじゃねーか。

だったら前の自民時代の政治でもよかったんじゃね??

って想われてる部分だってあるし。

菅が体たらくだからー
小沢のようなムリヤリでも実力で押し切れるような
剛腕と呼ばれるホドの人物で
強引に開いちまえーーって


その2択しかないのか。。。。。

って悲しい現実だと想わないか・・・・??



昔の自民党政治のような公共工事など
国が負担しまくっていろんなモノを推進させていく方法は
もう限界がきている。だからムリに決まっている。


だからって今の民主党の言う
聞こえのいいがー中身や将来性の薄い
なんでもかんでも先延ばしにする政治もよかないって話。



改革とかぬるいコトではムリなら
革命起こすくらいのコトじゃなきゃ
この先の日本に明るい材料ってねぇんじゃねーのかね。


って想ってしまうわ。


この両名どっちが代表なっても
日本は今後よくはならんと想う。


コイツらがまだまだ必要とされてる今の日本を
嘆きまくるぜ。。。。



オレさまはこんなヤツラはいらねぇと想う。








コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。