ウサギ年。身ぐるみ剥がされ。イナバの白兎物置。


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



アクセスカウンター



プロフィール

☆(・∀・)★

Author:☆(・∀・)★
復活!?ブログの特攻隊長。
特攻(・∀・)隊長で帰ってきたぜ。。。
また攻めまくるんでぇー
夜露死苦ぅ!(絶滅危惧種)



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おしておけ。 一度とイワズ。 何度でも。



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧



最新コメント



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



world time



最新トラックバック



検索フォーム



News



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



music



RSSリンクの表示



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


死。

人はいつか必ず死ぬ。

それはどうやっても逃げられないコトだ。


自分にもくるし。愛すべき存在だろうと
憎むべきだろうが。大事にしようが関係なく来るのが死だ。


それはいつくるかわからねぇ。


病気で。
事故で。
突然やってきたりする。


いつも死に直面してるわけではないが
身構えないでいつもいるものだ。

だからいきなりやってきた死に対して
どう対処していいのかわからなくなったりする。


そして人は死に直面して
そこでいろんなコトを考えて
反省もすれば。生きる意味をも考えるキッカケになる。


もし?
自分ではなくまわりで死に直面したら
嘆き悲しみたくなる気持ちもあろう。

そういう感情を持ち合わせるのも大事だが
その死に報い。この先の自分にプラスにすべきだと
オレ様は想う。


大切であればあっただけの存在なら
残して先に逝く人のキモチも慮る方がいい。

きっと死んでる人が
もし意志があるなら。

嘆き悲しむよりかは
もっと一緒にいたかったけど
どうにもならない。どうしようもない。

だから悲しまずさらに先にしあわせになってほしいと
きっと願ってるハズ。


だから前に進め。


きっと人としてもっと成長できる機会だ。


そしてカナシイと想うなら
送るまではめーいっぱい悲しめ。

あるとき。
その大事だった人の死を
どこかのタイミングで振り返り。
プラスになるコト。楽しかったコト。
こういうことしたかったな。。ってコト思い出して
それを糧にしてがんばれ。


それも死んだ大事な人に向けての
思いやりだと思うぜ。






コメント
うん
立ち直れなくなる時が来たらまた読もう、コレ
[2010/04/14 03:04] URL | つばめ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。